JAZZSPOT「J」店内、外の様々な出来事をご覧下さい(最新情報順に表示)。
<2017年>
懐かしいグッズが見つかりました。
販促グッズも「J」の歴史です。
ジャズとタバコって結構似合っていたんですよね。
開店当初は、お店の中は現在のように空調設備も整ってなく、タバコの煙でムンムンといった感じでした。今ではとうてい許されないでしょうね。「J」でも喫煙する方は年々減少しているようです。タバコを吸わないミュージシャンも増えていますしね。でも当時は、開店10周年記念に作成したのが「J」のロゴをプリントした使い捨てライター。喫煙者は大切なお客さんだったんです。
当時は使い捨てライターとして大ヒットした商品でした。名入りマッチもあったんです。今ではマッチを知らない子供たちもいるみたいです。当然マッチで火をつけることもできないとか。なんとなく寂しいですね。
さらに「J」コースターもつくりました。これは現在でも使い続けています。そうそう、ピアノをロゴ化した「J」巾着袋もありましたね。
巾着袋はちょっと古くて変色していますが、貴重なサインがあります。
上からデビッド・ウイリアムズ(ベース)
ディブ・パイク(ヴァイヴ)
シダー・ウォルトン(ピアノ)
ビリー・ヒギンズ(ドラム)
1987年6月、シダー・ウォルトントリオで来日、「J」でライヴ演奏したときのものです。
シダー・ウォルトンは、“鈴の音”と形容されるピアノタッチで知られています。
村上春樹が音楽評論集『意味がなければスイングはない』でシダー・ウォルトンのことをー―強靱な文体を持ったマイナー・ポエトと紹介しています。
40年を迎えようとしている「J」で、記憶に残すべきライブとして語り告げることができる「おとぎ話」のひとつとして....。

左から、巾着、コースター、ライター、マッチ

2017年 「J」関連のNewsを表示しています。
他のNewsを見る
2017年  2016年  2015年  2014年  2013年  2012年  2011年  2010年  2009年
Live SchedulePartyのご案内Rental Hall Event Produce
1978年、学生時代のバンド仲間が集まり株式会社ノース・ウェスト エンタープライズを設立。幸田稔、森田一義(タモリ)たちが中心となりジャズスポット「J」を開業。今年で39周年を迎えました。
Food MenuDrink Menu Musicians Original Goods
English PageGalleryLink 「J」について
初めての方にWhat's New交通案内お問い合わせメール
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-1-1ロイヤルマンションB1 MAIL:n.w.e@jazzspot-j.com

当サイト上では敬称を省略させていただいております。
®Northwest enterprise 2017