2017年5月のschedule
通常 ■OPEN▶ 18:15 ■LIVE START▶ 19:00〜 / 20:30〜 / 22:00〜 CLOSED▶ 23:30
〜通常、入れ替えはありません〜
お支払い金額は「テーブルチャージ + ミュージックチャージ + ご飲食代」です。
お支払いはお帰りの際にお願いします。(小学生以下はミュージックチャージ無し*特番を除く)
2017年1月からライブ時間が変更となっています。
*写真はイメージです。当日共演者が異なる場合もございます。
4月6月
1(月)
河村留理子、Mai(vocal)&中山憲一(bass)トリオ
佐藤まさみ(piano)内田修一(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000] 
ヴォーカルの河村留理子は歌におしゃべりにとてもユニークな才を発揮しています。バックは中山憲一(bass)トリオがつとめます。今夜のゲストは元気溌剌の“Mai”(vo)。ジャジーでポップなサウンドを探求し、ライブではオリジナルとジャズの曲を組み合わせてステージを盛り上げています。
2(火)
岩崎壮平(piano)スーパートリオ
清水昭好(bass)柵木雄斗(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
若きビバップピアニストとして頭角を現してしている「岩崎壮平」。ピアノタッチも美しく聴く者を唸らせます。今回は清水昭好(bass)柵木雄斗(drums)によるトリオの演奏をたっぷりお楽しみください。
3(水)
憲法記念日

Strange Community 休日スペシャルVol.1
出演者等の詳細については、フライヤーをダウンロードしてください。
[開始時間:12:20〜 20:00]
前売り:¥3,800 当日:¥4,300
多数のバンド、シンガーが出演する一大饗宴。2日間にわたって繰り広げられる「J」の名物イベントです。
4(木)
みどりの日

Strange Community 休日スペシャルVol.2
出演者等の詳細については、フライヤーをダウンロードしてください。
[開始時間:12:20〜 21:20]
前売り:¥3,800 当日:¥4,300
多数のバンド、シンガーが出演する一大饗宴。2日間にわたって繰り広げられる「J」の名物イベントです。
5(金)
こどもの日

お休み
6(土)
メインテナンスのためお休み
7(日)
お休み
8(月)
藤澤由二(piano)トリオ
磯部ヒデキ(bass)千光士実(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
藤澤由二(piano)は1965年東京生まれ。早稲田大学モダンジャズ研究会在籍中から音楽活動を始め、ジャズをベースにしながらも、ジャンルにとらわれることなく、さまざまなセッションに参加しています。今夜は磯部ヒデキ(bass)千光士実(drums)を迎え、ピアノトリオの演奏をじっくりお楽しみください。
9(火)
松下友子、Nayoko(vocal)&諸田富男(drums)六重奏団
赤塚謙一(trumpet)吉橋厚(tenor sax)竹内郁人(alto sax)八木隆幸(piano)笠原本章(bass)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
「J」ではお馴染みのドラマー「諸田富男」が率いる六重奏団と松下友子、Nayoko(vo)の共演です。
10(水)
mi:na(vocal)&続木徹(piano)トリオ
河原秀夫(bass)高橋徹(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
mi:naは、東京世田谷区に生まれ。高校時代、ガーシュウィンに出会いジャズに傾倒。聖心女子大学卒業後、赤坂、銀座で弾き語り、後にソロ・ボーカリストとして活動を開始。1998年 スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバルに出演。2008年にはオリジナル曲を含む、アルバム[mi:na]をリリースしています。今回は、ベテランピアニスト続木徹率いるトリオがサポートします。
11(木)
New Standards Quintet
木村由紀夫(drums)須藤俊也(piano)山田晃路(bass)右近茂(tenor sax)駒野逸美(trombone)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
「J」でのスタンダードナンバーを演奏するバンドのなかでも安定した人気を誇る「New Standards Quintet」が素敵なCD"It Had To Be You”をリリースしました。リーダーであるドラマーの木村由紀夫さんはデビューして44年目を迎える大ベテラン。スタンダードナンバーに現代のスパイスを加えてゴキゲンな演奏を展開します。ベテラン男性陣に囲まれて、紅一点、駒野逸美(tb)がフロントに立ちます。
12(金)
東久美子(vocal)&若林稔(piano)トリオ
磯部ヒデキ(bass)鈴木麻緒(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
東久美子(vo)のプロフィールを紹介します。幼少時よりピアノを習う。小中学生に英語を教える傍らガーシュイン、リチャードロジャース等の楽曲に惹かれ、ジャズボーカルの世界を目指す。ピアニスト池野シゲアキ氏のアレンジでジャズコーラス等の経験を積み、元二期会会員中新井節子氏に師事。現在、代々木ナル、シグナス、サニーサイド等、都内ライブハウスで活動中です。 共演は「J」ではおなじみの若林稔(p)トリオ。磯部ヒデキ(b)、鈴木麻緒(drums) が脇を固め、東をサポートします。
13(土)
CRANES
鶴見恭男(guitar)千葉京子(piano)浅野昭一(bass)鈴木麻緒(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
CRANESからメンバーのプロフィールが届きました。 鶴見恭男(g):皆様の応援で、何とか老骨に鞭打ちながら頑張ってます。千葉京子(p):抜群のテクニックで、都内のライブハウスから、引く手あまたです。浅野昭一(b):最近はベース以外にフルートを吹いてまして、あちこちで良い音聴けます。鈴木麻緒(d):女性ドラムではトップクラスです。現在は、韓国・台湾などにも遠征し、人気上昇中です。
14(日)
お休み
15(月)
彩木香里(vocal)&野口久和(piano)トリオ
佐瀬正(bass)高橋徹(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ラヴソングの名手「彩木香里」。多くのシンガーから厚い信頼を受けている「野口久和(p)」トリオがご一緒します。
16(火)
宮脇惇(clarinet)カルテット
山下ゆりの(piano)長谷川慧人(bass)大江航平(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
〜時代と共に衰退をしていったswing、だが、新たに今の時代にSwing Jazzに着目し、個性を持ったバンドメンバーにより我々のサウンドでSwingJazzの曲目達を表現する〜それが宮脇惇(clarinet)カルテットです。
17(水)
Smily Produce
秋吉尋美、Norica、マーシャル伊藤(vocal)木下麻里(violin)小谷教夫(piano)水橋孝(bass)川口雷二(drums) スマイリー・サイトウ(MC)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
スマイリー斎藤さんがプロデュースするステージです。今回はヴォーカルに秋吉尋美、Norica、マーシャル伊藤を迎え、楽しく、にぎやかに開催します。
18(木)
山本真理子(vocal)&武藤勇樹(piano)
鈴木堅登(bass)鎌倉規匠(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
確かな歌唱力の持ち主でデビューアルバム「Here's to you」が好評の札幌出身の「山本 真理子(vo)」が登場します。武藤勇樹(piano)トリオがお相手をつとめます。
19(金)
増尾好秋(guitar) from NY 「MAGATAMA」 スペシャルライヴ
永武幹子(piano)塩田のりひで(bass)北井誉人(drums)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000] 
世界的ギタリストである増尾好秋が率いるスペシャルユニット"MAGATAMA"の昨年に続くライヴです。"MAGATAMA"は2016年に日本で結成したバンド。「このバンドでは僕の以前の曲を演奏するというコンセプトではなく、今の自分の気持ちに合った音楽に重きを置いて演奏することを目指します」と増尾自身が語っています。
なお、当日は「Jにて5月のギャラリーを開催している画家の大野愛さんがMAGATAMAの演奏に合わせて「ライヴ・ペインティング」を行います。
20(土)
早大モダンジャズ研究会 現役・OB “2017スペシャルユニット”
【現役】 塩崎琢人(flute)浜田曜佑(guitar)濱名祐太(piano)紙屋剛志(bass)堀口湧大(drums)津田亮輔(alto sax) 【OB】武藤行輝(alto sax)山﨑麻里(piano)田村亘(bass)上松孝誌(drums)清水大史(gt)
[開始時間:19:00〜 20:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
「早大モダンジャズ研究会」の現役とOBがライヴを行います。若いパワーを存分に味わってください。
21(日)
お休み
22(月)
松木翠(vocal)&Heika's Trio
佐々木良廣(bass)今村真一朗(piano)川口弥夏(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
明るいシンガー「松木翠」は後進の指導にも力を注いでいます。バンドは陛下こと「J」取締役でもある佐々木良廣(b)がリーダー。若き俊英「今村真一朗(p)」と「川口弥夏(みか)(ds)」が絶妙なプレイを展開します。
23(火)
佐藤洋祐(alto sax,clarinet,flute,vocal)カルテット
川村健(piano,accordina)三橋洋介(bass)大井澄東(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500]
佐藤洋祐(alto sax)カルテットの登場です。佐藤は2008 年に渡米、ニューヨークを中心に活動、”グラミー賞”を2回受賞、世界各国のジャズ・フェスティバル等に参加するなど、サックス奏者として世界的に非常に高い評価を得ました。2015年には、自己の音楽を追求すべく米国から日本の千葉県佐倉市に拠点を移し、現在に至っています。
24(水)
Bones Battle
青木タイセイ、冨永悟(trombone)小泉清人(guitar)林正男(bass) 諸田富男(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
2人のトロンボーンのバトルです!! 「熱帯ジャズ楽団」などで活躍するトロンボーン奏者「青木タイセイ」に早大ハイソサエティOrch.の4年生 「冨永悟」が胸を借りての演奏に臨みます。お馴染みの諸田富男(ds)、ギターの名手小泉清人(ds)、林正男(b)がサポートします。
25(木)
ルパン三世・THE JAZZ 「大野雄二(piano)トリオ」
上村信(bass)市原康(drums)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000] 
ルパンの音楽やNHK「小さな旅」のテーマミュージックなど数多くの音楽を手がけて来た大野雄二。「大野雄二(p)」の作曲家としての業績は書き切れません。その大野自らルパンの音楽やスタンダードナンバーをエキサイティングに演奏します。SOLD OUT!連発中です。ご予約はお早めに…… 予約受付中!
26(金)
KO Funahashi (drums) Presents
伊佐津和朗(vibraphone)樫山英人(guitar)藤沢由二(piano)三橋洋介(bass)ゲスト:小島のり子(flute)情家みえ(vocal)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
早大ジャズ研OBでバンドリーダーとして活躍を続けるドラマーの「KO Funahashi」。今回もジャズ研OBの精鋭でメンバーを固めました。スペシャルゲストに小島のり子(flute)、人気急上昇中の情家みえ(vocal)を迎えます。
27(土)
大橋美加(vocal)&Gemstones Vol.18
井上藍、大堀輝美、武田愛、長島和子(vocal) 袴塚淳(piano)上羽康志(bass)
[開始時間:19:00〜 20:45〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
ライヴ、コンサート、ラジオのパーソナリティー、そして沢山の後進の指導に忙しい日々を送る「大橋美加(vo)」と愛弟子達(光る原石)とのステージです。伴奏は大橋が信頼を寄せる袴塚淳(piano)上羽康志(bass)が務めます。
28(日)
宮崎勝央(alto sax) Birthday Live
八木美恵子(piano)永見寿久(bass)林伸一郎(drums)ゲスト:石川ひろみ(vocal), ジャズクレイジーオーケストラ
[開始時間:17:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500]
宮崎勝央(as)は渡辺貞夫に憧れて熊本・天草から上京してかなりの時間が経過しました。この日はレギュラーメンバーに加え、指導しているビッグバンド“ジャズクレイジーオーケストラ”、さらに"Romy”こと石川ひろみ(vo)を招いてのジョイントライヴとなります。
29(月)
甲斐久仁江(vocal)&橋本信二(guitar)トリオ
高尾幸宏(bass)柳沼佑育(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ヴォーカルの「甲斐久仁江」がとてもユニークな存在です。「J」のスタッフも推薦しております。今回はBlues & Jazz の店、高田馬場「GateOne」のオーナーでギタリストでもある「橋本信二」他を迎え、熱いライヴをお届けします。橋本のギターは常に「自分の歌」を余すことなく奏で上げ、繊細かつエモーショナルなプレイを聴かせてくれます。

お問合せ・予約は、電話:03-3354-0335
(受付時間:17時〜23時)でどうぞ


30(火)
畑路子(vocal)&嶋津健一(piano)横山裕(bass)

[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
伊東出身で、40代からジャズのヴォーカルの道に目覚めた畑路子。彼女は、クロワッサンプレミアムの創刊号で「輝く50代」というコーナーで紹介されてもいます。東大の原子物理学を出て、親の反対を押し切ってジャズピアニストになった嶋津健一(p)」と「横山裕(b)」との共演です。

31(水)
中村真理子(vocal)&片山勝義(bass)トリオ
安カ川真理(piano)川口弥夏(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
故上野尊子(SONKO−SAN)の愛弟子「中村真理子(vo)」。SONKOファミリーの片山勝義(bass)が 率いる安カ川真理(piano)、川口弥夏(drums)のトリオが共演します。

4月2017年5月のschedule
6月
Live SchedulePartyのご案内Rental Hall Event Produce
1978年、学生時代のバンド仲間が集まり株式会社ノース・ウェスト エンタープライズを設立。幸田稔、森田一義(タモリ)たちが中心となりジャズスポット「J」を開業。今年で38周年を迎えました。
Food MenuDrink Menu Musicians Original Goods
English PageGalleryLink 「J」について
初めての方にWhat's New交通案内お問い合わせメール
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-1-1ロイヤルマンションB1 MAIL:n.w.e@jazzspot-j.com

当サイト上では敬称を省略させていただいております。
®Northwest enterprise 2017