2017年4月のschedule

2017年10月 おかげさまで39周年
通常 ■OPEN▶ 18:15 ■LIVE START▶ 19:00〜 / 20:30〜 / 22:00〜 CLOSED▶ 23:30
〜通常、入れ替えはありません〜
お支払い金額は「テーブルチャージ + ミュージックチャージ + ご飲食代」です。
お支払いはお帰りの際にお願いします。(小学生以下はミュージックチャージ無し*特番を除く)
2017年1月からライブ時間が変更となっています。
*写真はイメージです。当日共演者が異なる場合もございます。
3月5月
1(土)
Make Duke Mighty Again 「Respect the Duke Band」
小西遼、高山莉來、桂尚文、田尻智大、松平大(sax) 瀧野啓太、田原拓樹、谷口正也、佐瀬悠輔(trumpet)池本茂貴、小野浩己、大友遼、福田葉介(trombone)宮本康平(piano)田村亘(bass)佐藤順(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥1,500]
メンバーは学生、会社員、研究者、ミュージシャンなど、生業は様々ですが、学生時代に一度はビッグバンドに熱中した顔ぶれの集まりです。エリントン公に敬意を払いつつ、現在に至るまでのビッグバンドの系譜を巡ります。
2(日)
お休み
3(月)
河村留理子、濱田麗(vocal)&中山憲一(bass)トリオ
佐藤まさみ(piano)内田修一(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000] 
ヴォーカルの河村留理子は歌におしゃべりにとてもユニークな才を発揮しています。バックは中山憲一(bass)トリオがつとめます。今夜のゲストは濱田麗(vocal)。濱田は東京都の吉祥寺出身、ハンガリー人の父と日本人の母を持つ。2007年、歌の師匠であるマリア・エヴァと出会い、本格的に歌手としての道を歩み始める。JAZZをベースに、ジャンルにとらわれず様々な曲を原語で歌いこなす。都内の Jazz Club、ライブハウスや外国人記者クラブ Saturday Nite Live 等で活動中。
4(火)
岩崎壮平(piano)スーパートリオ
吉田豊(bass)宮岡慶太(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
若きビバップピアニストとして頭角を現してしている「岩崎壮平」。ピアノタッチも美しく聴く者を唸らせます。今回は吉田豊(bass)宮岡慶太(drums)によるトリオの演奏をたっぷりお楽しみください。
5(水)
山本真理子(vocal)&武藤勇樹(piano)トリオ
寺尾陽介(bass)坂本貴啓(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
確かな歌唱力の持ち主でデビューアルバム「Here's to you」が好評の札幌出身の「山本 真理子(vo)」が登場します。武藤勇樹(piano)トリオがお相手をつとめます。
6(木)
Liz木村(vocal)&若林稔(piano)トリオ
磯部ヒデキ(bass)中川喜博(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
LIZ(リズ)木村は、幼少期をアメリカで過ごし、中学時代にバンドを結成して演奏活動を開始、高校からはNHKのTV番組でアシスタントとして活躍、ニューヨーク大学大学院への留学生活も経験。現在も都内及び横浜などのジャズクラブに数多く出演しています。 「J」ではおなじみの、若林稔(p)、磯部ヒデキ(b)、中川喜博(drums) が脇を固め、スタンダードジャズを中心に大人のジャズをお届けします。
7(金)
リディア(vocal)&大森明(alto sax)カルテット
続木徹(piano)山田晃路(bass)濱田省吾(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
今回リーダーをつとめる大森明(alt sax)は福岡県出身。高校時代よりプロ活動を開始した後、国立音大、バークリー音楽院に学び、在学中からソロイストとして活躍してきました、現在、日本のBEBOPの第一人者。あくまでも正統派ジャズに根付いた作品をという活動姿勢は、専門家筋の間でも高い評価を受けています。 また共演するボーカルの「Ridia(リディア)」は1996年浅草ジャズコンテスト審査員奨励賞を受賞、これをきっかけにプロ歌手としての活動を開始。浅草ジャズコンテストの翌年に大森氏と出会い、2013年より大森さんのバンドでボーカルとして参加してます。ゴスペル出身からか音量が並外れて大きく、荒削りなところがあるものの、「個性的なキャラクター」が最大の魅力と大森さん。
8(土)
上野尊子さんメモリアル
中村真理子、橋本珠莉、藤田あや(vocal)片山勝義(bass)黒野治子(piano)鈴木麻緒(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ヴォーカルの巨匠「上野尊子」さんが亡くなって6年が経ちました。師匠を偲んで愛弟子たちが集います。中村真理子、橋本珠莉、藤田あや(vocal)などお馴染み“Sonko”ファミリーの集結です。
9(日)
お休み
10(月)
Kanako ”Kana” Tezuka(drums &vocal) Session@J Shinjuku
Nori Ochiai (piano)古谷悠(bass)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
女性ドラマー“Kana”はドラムを叩きながらスタンダードナンバー唄うとてもユニークな存在です。ピアノのNori Ochiai(ノリオチアイ)は東京出身、ニューヨーク在住のピアニスト、作曲家。桐朋学園大学チェロ科中退後、ジャズピアニストとして都内のジャズクラブで活動するかたわら、チェリストとしてスタジオワーク、数多くのポップスアーティストのアレンジや映画、CM音楽などを手がける。2005年にニューヨークに渡り、奨学金を得てニュースクール大学にて研鑽を積む。ピアノはAaron Goldberg, Junior Manceに師事。2015年6月に帰国し、日本での活動を再開した。こちらのプレーも注目です。
11(火)
長島百合子(vocal)&岩崎千春(piano)林正男(bass)

[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
イギリス・ロンドンでの3年間の生活を経て数年前に帰国。本場の英語に磨きもかかった「長島百合子」(vocal)の登場です。歌詞を大事に歌うこと、スウィングすることがモットーということです。
12(水)
竹田直哉(vibraphone)クインテット
安保徹(tenor sax)竹内亜里紗(piano)藤田耕平(bass)高橋勝訓(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
竹田直哉はBeBopスタイルを駆使したJazzヴィブラフォン奏者として幅広く活動しています。コンポーザーとしても活躍中。今夜の共演は安保徹(tenor sax)竹内亜里紗(piano)藤田耕平(bass)高橋勝訓(drums)といったメンバー。この日の「J」のステージはBeBopの嵐となりそうな予感…。
13(木)
4バリトンサックスバンド
土田さとし、大堀博士、渡邊滋、白坂勉(bariton sax)河口洋平(bass)金澤沙織(drums)
[開始時間:19:30〜 21:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
またまた新企画! 4 バリトンサックスのステージとなります。メンバーは土田さとし、大堀博士、渡邊滋、白坂勉(bariton sax)といった面々。バリトンと言ったら、ジェリー・マリガンが有名ですが、バリトンの重低音を生かした独特なフレーズは聴きごたえ十分。果たしてどんなサウンドが聴けるか、興味津々です。また「J」4月のギャラリーは「Aketa Mino 個展」を開催していますが、Aketaさんはsax.tp.奏者であり、はたまたライブペインターでもあります。この日、4Baritone Saxophone Band とのコラボ(ライヴペインテイング)を予定しています。
14(金)
おぬきのりこ(vocal)&野口久和(piano)トリオ
矢野伸行(bass)山口新語(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ライヴシーンでの活躍が話題になっている「おぬきのりこ」。長年病院でジャズを使った音楽療法を行い「日本ジャズヴォーカル賞・新人賞」も受賞、アルバムも2枚出しています。歌手の皆さんからの信頼も厚い「野口久和(p)トリオ」とのライヴも回を重ねています。
15(土)
BeBop Revisited
竹内亜里紗(piano)澤田一範、竹内郁人(alto sax)藤田耕平(bass)柳沼佑育(drums)ゲスト:渡辺明日香(vocal)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
「竹内亜里紗(p)」率いるビバップまっしぐらの5重奏団です。竹内亜里紗はバドパウエルを物心つくころから聴いて育ったという。生まれながらにビバップのピアニストになると運命付けられていたかのような存在。名手「澤田一範」と「竹内郁人」のアルトサックスバトルもいつ聴いても凄いです。ゲストに歌唱力抜群の「渡辺明日香」を迎えます。
16(日)
早稲田大学モダンジャズ研究会新入生歓迎ライヴ(貸切り)
17(月)
夏山美樹(vocal)&諸田富男(drums)六重奏団
佐瀬悠輔(trumpet)吉橋厚(tenor sax)竹内郁人(alto sax)八木隆幸(piano)笠原本章(bass)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500]
「J」ではお馴染みのドラマー「諸田富男」が率いる六重奏団と夏山美樹(vo)の共演です。夏山は日本テレビ「スター誕生」決勝で片平なぎさと一緒に優勝してアイドルデビュー。80年から夏山美樹に改名し、ポップス&ジャズシンガーとして活動しています。素晴らしい歌唱力・表現力、彼女の歌は魅力いっぱいです。
18(火)
Smily Produce
岩佐晴美、くらら、鳩よう子(vocal)信太ななみ(alto sax)神村晃司(piano)浦上俊彦(bass)花見孝洋(drums)スマイリー斎藤(MC)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500]
スマイリー斎藤さんがプロデュースするステージです。今回はヴォーカルに岩佐晴美、くらら、鳩よう子を迎え、楽しく、にぎやかに開催します。
19(水)
親子丼トリオ
秦野萌(piano)秦野格(bass)タッキー岡野(drums)ゲスト:バードマン幸田(alto & soprano sax)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ジャズ界の「のだめ」秦野萠の Megワールドピアノ。共演はおなじみ父・ベース秦野格、そして嵐を呼ぶドラマータッキー岡野のトリオのステージです。タッキー岡野はそのドラマティックなドラムスティックで、見事なステージを綴り、シャープ且つ機敏な演奏で、バンド全体に、スパイスを与えてくれます。ベーシストの秦野格はアグレッシブな演奏には、定評あり。娘のピアノ萌との共演は、貴重です。そして、今夜のゲストは「J」店主のバードマン幸田(alto & soprano sax)です。
20(木)
北島佳乃子(piano)トリオ
金森もとい(bass)利光玲奈(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
福岡出身、期待の若手女性ピアニスト「北島佳乃子」が出演します。RedGarland, Winton Kelly, Barry Harrisなどのバップピアニストに傾倒したという彼女。若いだけに伸びしろもたっぷり。楽しみ、ですね!
21(金)
大橋美加(vocal)スペシャルライヴ
二村希一(piano)上羽康志(bass)北澤誠(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
ライヴ、コンサート、ラジオのパーソナリティー、そして沢山の後進の指導に忙しい日々を送る「大橋美加(vo)」の月例ライヴです。伴奏は大橋が信頼を寄せる二村希一(piano)上羽康志(bass)北澤誠(drums) がつとめます。
22(土)
深尾多恵子(vocal) from New York スペシャルライヴ
高内春彦(guitar)福田重男(piano)コモブチ・キイチロウ(bass)
[開始時間:19:00〜 21:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000]
ニューヨークを拠点に活躍するジャズボーカリスト深尾多恵子は、その歌唱技術と音楽性は本場アメリカの音楽家やジャズファンからも高い評価を得ています。日本への定期的なツアー、また近年は米国各地のジャズ・フェスティバルに多数出演しています。
23(日)
お休み
24(月)
芹田千秋(vocal)& Heika's Trio
佐々木良廣(bass)今村真一朗(piano)川口弥夏(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
アメリカ留学の経験がある芹田千秋(vocal)は、キャリアは浅いものの本場仕込みの英語の発音は素晴らしいものがあります。バンドは陛下こと「J」取締役でもある佐々木良廣(b)がリーダー。若き俊英「今村真一朗(p)」と「川口弥夏(みか)(ds)」が絶妙なプレイを展開します。
25(火)
今井あさ美(vocal)&加藤泉(guitar)カルテット
小池純子(piano)山口裕之bass)夏田克彦(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500]
今井あさ美(vo)は2007年、日本テレビ「歌スタ」に出演。09年に《BRIGHTEST NEW STAR AUDITION 》でグランプリ受賞しています。同年、1stアルバム「Wings」(7曲入り) にてデビュー。2016年12月には作曲家・鈴木邦彦氏のヒット曲をカバーしたコラボアルバム「ジャンルを超えた歌手とのコラボ」を発売。現在は都内ジャズクラブを中心に活動中。共演は加藤泉(guitar)カルテット。ロサンゼルスで活躍し、海外レコーディングも豊富なギタリストである加藤は、今井にとってジャズ理論の指導者でもあります。
26(水)
松原慎之介(alto sax)カルテット
若井優也(piano)伊地知大輔(bass)濱田省吾 (drums) 
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
松原慎之介(alto sax)は札幌出身、昨春「洗足音楽大学」に特待生で入学。既にとんでもない実力を備えたアルトサックスの逸材です。
27(木)
宮崎勝央(alto sax)カルテット
八木美恵子(piano)永見寿久(bass)佐竹尚史(drums)YANNIE(ヤニ)(vocal)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
渡辺貞夫さんに憧れ、熊本・天草から上京して来た「宮崎勝央(as)」。時間も経過し少しベテランの域に達しましたが、美しい音色とサダオさんもビックリのフレーズが溢れ出て相変わらずカッコイイです。今夜のゲストは女性ボーカリストのYANNIE(ヤニ)さん。
28(金)
ルパン三世・THE JAZZ 「大野雄二(piano)トリオ」
上村信(bass)市原康(drums)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000] 
ルパンの音楽やNHK「小さな旅」のテーマミュージックなど数多くの音楽を手がけて来た大野雄二。「大野雄二(p)」の作曲家としての業績は書き切れません。その大野自らルパンの音楽やスタンダードナンバーをエキサイティングに演奏します。SOLD OUT!連発中です。ご予約はお早めに…… 予約受付中!
29(土)
昭和の日

お休み
30(日)
お休み
3月2017年4月のschedule
5月
Live SchedulePartyのご案内Rental Hall Event Produce
1978年、学生時代のバンド仲間が集まり株式会社ノース・ウェスト エンタープライズを設立。幸田稔、森田一義(タモリ)たちが中心となりジャズスポット「J」を開業。今年で39周年を迎えました。
Food MenuDrink Menu Musicians Original Goods
English PageGalleryLink 「J」について
初めての方にWhat's New交通案内お問い合わせメール
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-1-1ロイヤルマンションB1 MAIL:n.w.e@jazzspot-j.com

当サイト上では敬称を省略させていただいております。
®Northwest enterprise 2017