2017年3月のschedule
通常 ■OPEN▶ 18:15 ■LIVE START▶ 19:00〜 / 20:30〜 / 22:00〜 CLOSED▶ 23:30
〜通常、入れ替えはありません〜
お支払い金額は「テーブルチャージ + ミュージックチャージ + ご飲食代」です。
お支払いはお帰りの際にお願いします。(小学生以下はミュージックチャージ無し*特番を除く)
2017年1月からライブ時間が変更となっています。
*写真はイメージです。当日共演者が異なる場合もございます。
2月4月
1(水)
園田まゆみ(vocal)スペシャルライヴ
青木弘武(piano)ジャンボ小野(bass)木村由紀夫(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
女性シンガー「園田まゆみ」のプロフィールを紹介します。中学生の頃クリス・コナーの歌に魅了されジャズシンガーを目指し、16才で横浜本牧の米軍キャンプでデビュー。その後、都内のナイトクラブ専属で歌っている時、宮間利之とニューハードにスカウトされ、フルバンドの専属シンガーとなる。その後は、各方面で幅広く活躍中。ベテランシンガーの歌声をじっくり味わいたい。
2(木)
河村留理子、山田夢子(vocal)&中山憲一(bass)トリオ
佐藤まさみ(piano)内田修一(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000] 
代々木「NARU」でも活躍!「河村留理子(vo)」が歌におしゃべりにとてもユニークな才を発揮します。サポートするのは中山憲一(bass)トリオ。今夜のゲストは山田夢子(vocal)。山田は国立音楽大学時代、合唱研究のゼミに所属し、歌と指揮法、教育を研究。 教員免許を取得。大学卒業後、合唱団に入り国内・海外(ハンガリー、イタリア、フランス、中国など)のコンクールやフェスティバルに参加した実績を持つ。NYに遊びに行ったことや、様々な出会いをきっかけに自由な音楽、"jazz"に目覚める。以後、ソロで都内ライブハウスやレストランでライブ活動中。
3(金)
ヨーコ・サイクス(vocal)スペシャルライヴ
青木弘武(piano)藍澤栄治(bass)山口新語(drums)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
“ひな祭り”の夜にふさわしいヨーコ・サイクス(vo)の出演です。ヨーコ・サイクスは長い米国での生活を終え日本に戻って来ました。卓越した歌唱力と英語力は右に出る者がいません。ベテラン青木弘武(p)、藍澤栄治(bass)、山口新語(drums) の絶妙なサポートがいつも輝きます。
4(土)
望月敬太(trumpet) Quintet
佐藤敬幸(alto sax)加藤友彦(piano)中村奏太(bass)柳沼佑育(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
trumpetの望月敬太さんがTwitterでつぶやきました。3月4日、またまた新宿Jにて、僕のバンドのライブやります! 今回は大胆かつ繊細ピアニスト加藤友彦に参加してもらいます! サックス佐藤敬幸、ベース奏太、ドラムス柳沼佑育 僕の楽器も前よりリラックスしてオープンになりました。素晴らしきメンバーのいいところを惜しげもなく披露します!オリジナル、スタンダード、ジャズ・スタンダード盛りだくさんでございます。ぜひお越しください! 19時スタート
5(日)
お休み
6(月)
佐藤洋祐(alto sax)カルテット
川村健(piano,accordina)三橋洋介(bass)大井澄東(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
佐藤洋祐(alto sax)カルテットの登場です。佐藤は2008 年に渡米、ニューヨークを中心に活動、世界各国のジャズ・フェスティバル等に参加するなど、サックス奏者として世界的に非常に高い評価を得ました。2015年には、自己の音楽を追求すべく米国から日本の千葉県佐倉市に拠点を移し、現在に至っています。
7(火)
Smily Produce
茜純子、Nayoko、松平幸子(vocal)マイケル・ゴトー(sax、trombone他)小谷教夫(piano)エディ百合野(bass)大江一輝(drums)MC:スマイリーさいとう
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
スマイリー斎藤さんプロデュースの「Smily Produce」は昨年10月のステージでめでたく100回目を迎えました。今回は105回目、気持ちも新たに、ヴォーカルに茜純子、Nayoko、松平幸子を迎え、楽しく、にぎやかに開催します。
8(水)
Colin 4 Trombones
郡恭一郎(trombone)堂本雅樹(bass trombone)須賀裕之、海江田紅(trombone)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
これは珍しい! 4 Trombonesのステージとなります。メンバーは郡恭一郎(trombone)堂本雅樹(bass trombone)須賀裕之、海江田紅(trombone) といった面々。トロンボーンアンサンブルならではの厚い響きを活かした演奏が魅力です。果たしてどんなJAZZが聴けるか、興味津々。
9(木)
寝占友梨絵(vocal)&若林稔(piano)トリオ
土谷周平(bass)中川喜博(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
自由自在に歌い上げるスキャットでリスナーを魅了する若手ボーカル寝占友梨絵(浅草ジャズコンテスト、グランプリ受賞)と、若林稔(piano)トリオの競演です。フレッシュな歌声をお楽しみください。
10(金)
小菅けい子(vocal)&野口久和(piano)トリオ
佐瀬正(bass)高橋徹(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ジャズボーカルグループのBREEZE(ブリーズ)のメンバーとしても知られる小菅けいこ(vocal)の登場です。小菅は愛知県立芸術大学、同大学院でドイツリュートを中心に研究したのち上京。 ジャズに興味を持ち、後藤芳子氏に師事。 ライブハウス等でのソロ活動ほか、テレビ番組主題歌等のスタジオワークも行っています。ジャズのスタンダードナンバーを中心にポップスや日本の歌曲まで幅広いレパートリーで好評を得ています。共演は「野口久和(p)」のトリオ。シンガーからの信頼が厚く、絶妙なサポートをみせます。
11(土)
3・11東日本大震災復興応援ライヴvol.1
早稲田大学ニューオルリンズジャズクラブ、モダンジャズ研究会、ハイ・ソサエティオーケストラ
[開始時間:19:00〜 20:00〜 21:00〜] (22:00〜は3バンドによるセッション)
¥2,000(飲食代別)
東北地方を襲った震災・原発事故から早いもので6年。一日も早い復興が待たれます。早大の3つのジャズサークルが昨年に引き続き“復興支援ライヴ”を行います。収益金は津波で全滅した三陸海岸のジャズ喫茶支援のために「岩手県ジャズ喫茶連盟」会長・菅原正二(一関「ベイシー」店主)氏にお届けします。
12(日)
3・11東日本大震災復興応援ライヴvol.2 
早稲田大学ニューオルリンズジャズクラブOBバンド、モダンジャズ研究会OBバンド、ハイ・ソサエティオーケストラOBバンド
[開始時間:17:00〜 18:00〜 19:00〜] (20:00より3バンドによるセッション)
¥2,500(飲食代別)
早大の3つのジャズサークルのOBバンドが震災の年の秋から毎年(年2回)行っている“復興支援コンサート”です。収益金は11日(土)の分と合わせて津波で全滅した三陸のジャズ喫茶支援に尽力している「岩手県ジャズ喫茶連盟」会長・菅原正二(一関・「ベイシー」店主)にお届けします。
13(月)
New Standards Quintet
木村由紀夫(drums)須藤俊也(piano)山田晃路(bass)右近茂(tenor sax,clarinet)駒野逸美(trombone)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
「J」でのスタンダードナンバーを演奏するバンドのなかでも安定した人気を誇る「New Standards Quintet」が素敵なCD"It Had To Be You”をリリースしました。リーダーであるドラマーの木村由紀夫さんはデビューして44年目を迎える大ベテラン。スタンダードナンバーに現代のスパイスを加えてゴキゲンな演奏を展開します。ベテラン男性陣に囲まれて、紅一点、駒野逸美(tb)がフロントに立ちます。
14(火)
JAZZ FIGHTERZ
秦野萌(piano)島村健(bass)川口弥夏(drums)ゲスト:バードマン幸田(alto & soprano sax)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ジャズ界の「のだめ」秦野萠の Megワールドピアノ。ジャズの名曲を独特のアレンジと構成で”萌ワールド”を創りあげます。ベースの「島村健」と女性No.1ドラマー「川口弥夏(みか)」にもご注目!!そして、今夜のゲストは「J」店主のバードマン幸田(alto & soprano sax)です。
15(水)
MIHO,三輪明子(vocal)&諸田富男(drums)六重奏団
赤塚謙一(trumpet)吉橋厚(tenor sax)竹内郁人(alto sax)八木隆幸(piano)笠原本章(bass)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
「J」ではお馴染みのドラマー「諸田富男」が率いる六重奏団とMIHO,三輪明子(vocal)の共演です。
16(木)
山本真理子(vocal)&武藤勇樹(piano)
佐藤忍(bass)鎌倉規匠(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
確かな歌唱力の持ち主でデビューアルバム「Here's to you」が好評の札幌出身の「山本 真理子(vo)」が登場します。武藤勇樹(piano)トリオがお相手します。
17(金)
岩崎壮平(piano)スーパートリオ
清水昭好(bass)平瀬祐人(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
若きビバップピアニストとして頭角を現してしている「岩崎壮平」。ピアノタッチも美しく聴く者を唸らせます。今回は清水昭好(bass)、平瀬祐人(drums)によるトリオの演奏をたっぷりお楽しみください。
18(土)
ビッグバンドライヴ「John Doe's Jazz Lounge」「ベイシー艦隊」「BCP」(貸切り)
2:00~4:00

Big Wing Jazz Orchestra Spring Live at J
稲葉社子(vocal)
[開始時間:19:00〜 20:15〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
社会人ビッグバンドの雄「BigWingJazzOrchestra」が「J」久々の登場です。海外のジャズフェスティバルにも招待されるなど国内外で大活躍です。迫力満点のステージをお楽しみください。
19(日)
お休み
20(月)
春分の日

お休み
21(火)
Heika's Night
佐々木良廣(bass)今村真一朗(piano)川口弥夏(drums) (ゲスト)浅利史花(guitar)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
Heika's Trioは陛下こと「J」取締役でもある佐々木良廣(b)がリーダー。若き俊英「今村真一朗(p)」と「川口弥夏(みか)(ds)」が絶妙なプレイを披露します。そして今夜のゲストは売出し中の若手ギタリスト、浅利史花(guitar)です。
22(水)
Mitsuru(bass)カルテット
David Negrete(sax)佐藤浩一(piano)則武諒(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
メンバー全員がボストンのバークリー音楽大学出身というカルテットです。サックス奏者のDavid Negreteはカルフォルニア・サンディエゴ出身、2011年から日本へ活動の拠点を移し、都内ジャズ・クラブを中心に演奏活動を続けています。このプロジェクトでは近代ジャズミュージシャンによる楽曲を中心に、ハイクオリティーなライブをお届けします。アメリカと日本のジャズ最前線の融合が楽しめそうです。
23(木)
KO Funahashi (drums) Presents
中垣あかね(vocal)藤沢由二(piano)三橋洋介(bass)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,500] 
早大ジャズ研OBでバンドリーダーとして活躍を続けるドラマーの「KO Funahashi」。今回もジャズ研OBの精鋭でメンバーを固めました。スペシャルゲストに人気急上昇中の中垣あかね(vocal)を迎えます。
24(金)
ルパン三世・THE JAZZ 「大野雄二(piano)トリオ」
上村信(bass)市原康(drums)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000] 
ルパンの音楽やNHK「小さな旅」のテーマミュージックなど数多くの音楽を手がけて来た大野雄二。「大野雄二(p)」の作曲家としての業績は書き切れません。その大野自らルパンの音楽やスタンダードナンバーをエキサイティングに演奏します。SOLD OUT!連発中です。ご予約はお早めに…… 予約受付中!
25(土)
高木範夫と歌仲間たちコンサート(貸切り)
マリア・エヴァ(vocal)遠藤律子(piano)児島ちはる(mc:vocal)高木範夫(vocal)
[開始時間:18:00〜]
¥6,000(食事・1ドリンク付き)
全席前売制 お申し込み・お問い合わせ先:TEL:080-5646-1662
「J」ギャラリーでおなじみの、やまゆりのさんのライブペイント&オークションも開催します。
26(日)
お休み
27(月)
甲斐久仁江(vocal)&橋本信二(guitar)トリオ(バードマン幸田誕生日前夜ライヴ)
とおいだいすけ(bass)柳沼佑育(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,000]
ヴォーカルの「甲斐久仁江」がとてもユニークな存在です。「J」のスタッフも推薦しております。今回はBlues & Jazz の店、高田馬場「GateOne」のオーナーでギタリストでもある「橋本信二」他を迎え、熱いライヴをお届けします。橋本のギターは常に「自分の歌」を余すことなく奏で上げ、繊細かつエモーショナルなプレイを聴かせてくれます。
28(火)
Bob Ward(guitar)クインテット (バードマン幸田生誕記念日)
澤田一範(alto sax)高瀬龍一(trmpet)中村新太郎(bass)奥平真吾(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000] 
ニューヨークのジャズシーンを20年以上に渡りジャズギタリストとして活躍するボブ・ワード(BOB WARD)が登場します。共演するメンバーは高瀬龍一(trumpet)澤田一範(alto sax)中村新太郎(bass)奥平真吾(drums)。クインテットの演奏をたっぷりお楽しみください!
29(水)
大橋美加(vocal)スペシャルライヴ
守屋純子(piano)上羽康志(bass)松浦賢二(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500] 
ライヴ、コンサート、ラジオのパーソナリティー、そして沢山の後進の指導に忙しい日々を送る「大橋美加(vo)」の月例ライヴです。伴奏はピアノに守屋純子(piano)を迎え、上羽康志(bass)松浦賢二(drums)がつとめます。
30(木)
ホンヤクとゲンゴのハザマ★ライブ
山口葵(vocal)竹下ユキ(vocal)堺敦生(piano)山村隆一(bass)
[開始時間:19:30〜 21:30〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥3,000] 
博多在住の「山口葵(vocal)」が目覚しい活躍をしています。女性シンガーの中でもトップクラスの歌唱力です。最近は九州だけでなく東京・名古屋・岡山・広島・山口など、精力的にライブ活動を展開しています。一方、「竹下ユキ(vocal)」は得意のシャンソンを中心に、「翻訳音楽のヨロコビ」というテーマで「日本語で聴くヨーロッパの歌」に焦点を当てて各地でソロコンサート活動中。今夜のステージはシャンソンVSJAZZ「ホンヤクとゲンゴのハザマ★ライブ」というタイトルです。
31(金)
宮崎勝央(alto sax)グループ
八木美恵子(piano)永見寿久(bass)佐竹尚史(drums)
[開始時間:19:00〜 20:30〜 22:00〜]
[テーブルチャージ:¥500 ミュージックチャージ¥2,500]
渡辺貞夫さんに憧れ、熊本・天草から上京して来た「宮崎勝央(as)」。時間も経過し少しベテランの域に達しましたが、美しい音色とサダオさんもビックリのフレーズが溢れ出て相変わらずカッコイイです。

お問合せ・予約は、電話:03-3354-0335
(受付時間:17時〜23時)でどうぞ


2月2017年3月のschedule
4月
Live SchedulePartyのご案内Rental Hall Event Produce
1978年、学生時代のバンド仲間が集まり株式会社ノース・ウェスト エンタープライズを設立。幸田稔、森田一義(タモリ)たちが中心となりジャズスポット「J」を開業。今年で38周年を迎えました。
Food MenuDrink Menu Musicians Original Goods
English PageGalleryLink 「J」について
初めての方にWhat's New交通案内お問い合わせメール
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-1-1ロイヤルマンションB1 MAIL:n.w.e@jazzspot-j.com

当サイト上では敬称を省略させていただいております。
®Northwest enterprise 2017