太田剣 | 大野雄二 | 大橋美加 | 北床宗太郎 | 鈴木良雄 | 
平賀マリカ | ヒロミ キクオカ | 水森亜土 | 三槻直子 | 守屋純子 | 
ヨーコ・サイクス | 

守屋純子(モリヤ ジュンコ)<piano>
5歳からピアノを始め、早稲田大学“ハイソサエティーオーケストラ”でジャズを始める。卒業後渡米して、1993年ニューヨークのマンハッタン音学院の大学院を卒業。故John Stubblefield(ts)のグループで、スペインツアーに参加するなど、アメリカ・ヨーロッパ各地のジャズクラブに出演する。
1997年 NYの第一線のミュージシャンと共演した“My Favorite Colors”(日本クラウン)を発表。
2000年より、守屋純子オーケストラの公演が文化庁芸術文化振興基金の助成対象事業となり、2001年にはこのオーケストラでのリーダーCD “Shifting Images”(日本クラウン)を発表。
2004年11月に海外交流基金の助成により自己のカルテットでインドツアーを行う。12月、ユーミンの楽曲をジャズ化したコンピレーションCD“Sweet Dreams”(ユーキャン)に自己のオーケストラによって10曲参加。
2005年5月にオーケストラによる“Points Of Departure”(スパイス・オブ・ライフ)を発表。多くの専門誌、新聞、FM番組等で紹介され、演奏のみならず作・編曲でも高い評価を受ける。この作品が、2005年度ミュージック・ペンクラブ大賞(邦人ジャズアルバム部門)に選出される。スイングジャーナル誌の“日本ジャズ賞”部門でも第二位を獲得。9月、ジャズの分野では最も権威のある2005年度セロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で、東洋人としてまた、女性として初の優勝の栄誉に輝く。ワシントンのケネディーセンターの授賞式に招聘されて受賞曲“Playground”を演奏し、日米で話題を呼ぶ。
2006年12月、ルディー・ヴァン・ゲルダーの録音により、モンク賞にゆかりのライアン・カイザー(TP)、クリス・ポッター(TS)等NY第一線のミュージシャンと共演したCD“Playground”(スパイス・オブ・ライフ)を発表。
2008年 9月、米“モンタレージャズフェスティバル”に自己のカルテットで出演、その後、サンフランシスコ・ロサンザルスでも公演を行う。11月にはパリを中心としたフランス・ツアーを行う。2009年1月にオーケストラによる新作“Grooving Forward”を発表。
2月にジャズに関するエッセイ集“なぜ牛丼屋でジャズがかかっているの?”(かもがわ出版)を発売。
2009年7月トゥーロンのジャズフェスティバルを中心とした南フランス・ツアーを行う。
2010年1月、初のピアノトリオによるアルバム「Three & Four」をリリース。

守屋純子

Live SchedulePartyのご案内Rental Hall Event Produce
1978年、学生時代のバンド仲間が集まり株式会社ノース・ウェスト エンタープライズを設立。幸田稔、森田一義(タモリ)たちが中心となりジャズスポット「J」を開業。今年で39周年を迎えました。
Food MenuDrink Menu Musicians Original Goods
English PageGalleryLink 「J」について
初めての方にWhat's New交通案内お問い合わせメール
〒160-0022 東京都新宿区新宿5-1-1ロイヤルマンションB1 MAIL:n.w.e@jazzspot-j.com

当サイト上では敬称を省略させていただいております。
®Northwest enterprise 2017